未分類

エンジニアが独自ドメインでブログを公開するまでの流れ

ブログのテーマを考える

どのような記事を書いていくか。何を発信していくか。
私はエンジニアとして仕事しているので、Web制作のことや、趣味の写真、その他何かあればカテゴリ分けをして書いていくことにしました。
ブログを立ち上げる理由はとりあえず個人のブログが欲しかったことと、Web制作の勉強としてや日々の備忘録をまとめておく場所が欲しかったからです。

ブログのタイトルを考える

「趣味は写真で、WEB制作の仕事をしている人の備忘録。」というタイトル。
自己紹介も兼ねてのタイトルです。良いのが思いつかなかったのでどことなくラノベチックなタイトルになりました。

ブログのデザインを考える

一番悩むところがここです。デザインが苦手なんです。(デザイン系の学校を出てるクセに)
WordPressの無料のテーマを使えばいいかなとも思ったのですが、それじゃどこかのブログサービスでブログを書くのと同じことなのでオリジナルデザインを作ることにしました。
いろんなブログを見て必要な要素を出して、とりあえずこんなところかなと(記事執筆時点では)。
自分のブログなので、追加したいものは後から足せば良いです。

コーディングする

gulpを使用し、ローカル環境で静的コーディングをしました。
Windowsでのコーディングに慣れたせいか、Macでコーディングがしづらいです。
学生のときはMac、就職してWindows、自宅はMacというややこしい環境です。
デザインを作るのはMacのほうが楽です。

サーバーを契約する

あたかも初めて契約するかのような見出しですが、実は数年前から契約しています。
学生のときの卒業制作でウェブサイトを制作したときに契約しました。
ロリポップです。このブログなら今の契約プランのままで充分です。

ドメインを取得する

このブログタイトルからどんなドメイン名にしようかと悩みました。
本名入れちゃうのか、ゲームやネットの人との交流に使ってるハンドルネームにしちゃうのか。
結局websha.netは字のごとくWeb制作+写真 = web+shashin = web+sha = websha.net となりました。

WordPressをインストールする

このブログ専用のデータベースを作成し、任意のディレクトリにインストール。
そしてWordPressにログインして必要なプラグインをインストール+有効化。

basic認証を設定する

公開まで、ID/パスワード認証しないとページが見れないようにする。
サイトのルートディレクトリにFTP経由でphpinfoをアップしてブラウザからアクセスし、htaccess,htpasswdを置くディレクトリのパスを取得する。
あとはこのツールを使ってhtpasswd、htaccessを作成してサーバーにアップするだけ。

メールアドレスの設定

お問い合わせフォームを作るので、ロリポップのコントロールパネルからメールアドレスを作成する。
(この記事執筆時ではまだフォームはありません)
その後MozillaのThunderbirdで送受信できるように設定。

静的コーディングしたものをWordPressテーマ化する

あれどうやるんだったっけ…とド忘れしたらCodex見たりGoogle検索する。

記事を書く

ちょうどこの記事を書いています。

公開

記事を公開したらサイトも公開したいので、basic認証を外す。

という流れで公開に至りました。